大学を卒業してすぐに青年海外協力隊でモロッコに。モロッコでの奮闘の記録を綴ります。


by oyotennis

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新の記事

<KOICA と交流>
at 2011-10-17 23:49
<新学期!でも…>
at 2011-10-11 08:38
<運動会>
at 2011-08-03 19:43
<キャラバン隊>
at 2011-06-30 05:39
<活動最終日…サプライズ!?>
at 2011-06-19 01:05

フォロー中のブログ

enatural life
MOROCCO LIFE...
DABA Ça va!!
しゅうぃやしゅうぃや
Iseyan
For the chil...
鰐石春馬のモロッコでほん...

検索

ブログパーツ

Skypeボタン

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

踏んだり蹴ったり

一度目の失敗で学ばない、同じ失敗を繰り返す人をバカという。


やってしまった。


モロッコに来てから2回目の散髪失敗。


これで自分で3回散髪して、2回失敗。


失敗率6割7分。イチローもビックリだ。


更に髪の毛が服に付かないように裸で散髪してて、なんとかどうにかしようとして悪戦苦闘してたから風邪引いた。


正に踏んだり蹴ったり。



この経験から学んだこと。それは床屋さん、美容師さんはやっぱりすごいということ。


素人が簡単に散髪できたら商売上がったりですよね。


それにしても美容師さんはお金の回収率がいいなぁと思う。


自分の技術を売ってるわけだから、コストはあまりかからない。


やっぱりこれからは技術の時代ですね(^^


さて、順調にいけば僕の髪の毛が元に戻るのは2ヶ月後。


2ヶ月後にもう一回チャレンジだ!!
[PR]
by oyotennis | 2010-12-30 17:23 | 日常

目的地

僕の地図には目的地がない。



他の隊員の活動の話を聞くと、色々な展望を持っている。


僕はまだ展望が見えない。


この違いはなんだろう。


彼らには目的地が見えている。


目的地が見えていれば、後はそれに向けて計画を立てればいい。


僕は活動の着地地点がまだ見えない。


その差なのかなと最近思った。



だけど目的地が分からなくても歩かないといけない。


でも目的地に近づいているのか遠ざかっているのか分からないからすごく不安になる。


早く見つけたいという焦りもある。


だけどこうして目的地が見えないで歩くのは初めての体験だ。


今まではずっと部活をやっていたから目標は常にあった。


でも今は目標を自分で見つけないといけない。


見つからないうちは苦しいけども、これは自分が協力隊に求めていたもののような気がするし、苦しんだ分だけ見つけた時に成長できる。


と思うことにする。


ということでどうやって目的地を探そうかなー。
[PR]
by oyotennis | 2010-12-28 07:37 | 考えたこと

雨が降ると…

雨が降ると…暇です。


何故かって?それは活動がなくなるからです。


雨が降ると生徒が学校に来ない(通学路に川が出来て学校に来れなくなるかららしい、ホントかよ)し、何より運動をするスペースがなくなる。もちろん体育館もないし、空き教室もない、らしい。なので体育がなくなります。


まぁこれはモロッコ体育の課題でおいおい変えていかないといけないんだけれども、とりあえず今はそれぞれの学校の巡回1周目なので、状況把握という名目で何もしてません。


ということで雨が降ると暇なんです。


なので最近ネガティブな記事が多かったんです。考える時間が多いから。


アラビア語やフランス語の勉強をしたり、授業の準備をしたりして過ごしていますが、それもずっとは続けられない。


ということで余った時間は…趣味に当ててます。


最近はギターとインターネットで日本の番組「しゃべくり007」を見るのにハマってます。


いやーインターネットって便利ですね。まさかモロッコで日本の番組が見れるとは思わなかった。


中学校から大学までずっと部活をやってきたから、こんなに趣味の時間を持つのは初めてです。


これはこれで楽しいんだけど…早く活動のことをブログに書きたいな―。
[PR]
by oyotennis | 2010-12-23 07:57 | 日常

ことば

モロッコの第一言語はデリージャ(アラビア語モロッコ方言)で、第二言語はフランスの植民地だった影響でフランス語。


だけど僕の住む町テトゥアンはモロッコの北側に位置し、モロッコの北側はフランスではなくスペインの植民地だった。


つまりテトゥアンではフランス語よりもスペイン語の方が通じる。


そして結構大きな町なので、英語を勉強している人が結構いる。だからフランス語が喋れない人とは英語で会話?みたいなことをしている。


つまり僕は今4つの言語に囲まれて暮らしている。


活動でメインに使う言語はフランス語。


でも普段モロッコの人が好んで使うのはデリージャ。


でも将来就職や旅行などで使う可能性が高いのは英語とスペイン語。


今までの僕の勉強の配分はフランス語8割、デリージャ1割、英語1割(趣味)ぐらいだった。


モロッコでの活動が終わったら使わなくなるデリージャに対して、どうしても本腰を入れて勉強する気になれなかった…



さて、なんでこんな話をしたかと言うと、最近自分の経験の無さを痛感している。


上辺だけの知識しかないから、現場に応用できない。


日本の学校で働いていた人のようにアイデアが出てこない。


とりあえず今は先輩隊員のネタを真似して活動をしているが、何か物足りなさを感じる…自分の力ではないような…自分じゃなくてもできるような…


かといって日本の学校で今から経験を積むことはできない。


じゃあ今出来ることはなんだろうか?


…そうだ!経験がない分は言語でカバーしよう!子供達はデリージャしか喋れないし、デリージャを喋れた方がモロッコ人とより仲良くなれる!


ということでデリージャを本格的に勉強します。


宣言することによって後戻りできないようにする。


飽きっぽい僕の最近の流行りです。


2年後に日本に帰った時には、中身までモロッコ人になりきります(笑
[PR]
by oyotennis | 2010-12-22 06:40 | 考えたこと

失敗から得るもの

「失敗は成功のもと。」
「失敗をしない人はいない。大事なのは、失敗から何を学ぶかだ。」


これらの言葉は失敗を肯定的に捉えようとしている。


キレイな言葉。その通りだと思う。


最近自分が思う失敗から得る大事なものの一つ。


それは「心の成長」。



失敗するかもしれないけどやってみる「チャレンジ精神」。


失敗を受け止める「心の打たれ強さ」。


そして何度でもトライする「くじけない心」。


これらは失敗を重ねてきた人だからこそ身に付くものなのかもしれない。



僕は失敗を恐れる。


だから何もしない。


何もしないから心は傷つかないけど、弱いままだ。


だから僕は失敗する人を尊敬する。


僕も自分が尊敬できる人になろう。


今からだって遅くはない…はず。
[PR]
by oyotennis | 2010-12-21 07:34 | 考えたこと

心のカバー

僕は失敗することを恐れている。


自分の心が傷つくことを恐れている。


だから心にカバーを覆った。


傷つかないように何重にも何重にもカバーを覆った。


自分が傷つくことは避けるようにした。


その結果、傷はあまりつかなくなった。


その代わり、心の奥底から湧き上がる感情は少なくなった。


そして今、そのことが僕の心を傷つけている。


心の奥深くからやってくる感情は、他人が運んできてくれる。


心のカバーをつけたままでは、他人と深く関われない。


心のカバーを外そう。


むき出しの心で人と触れ合おう。


むき出しの心は傷つきやすいかもしれない。


でも、その分より多くの感情を、喜怒哀楽を味わわせてくれる。


そしてそれは人生を充実した、濃密なものにしてくれる。


ただ僕は、その心のカバーの外し方を知らない…
[PR]
by oyotennis | 2010-12-20 06:57 | 考えたこと

ついに現れた!

1校目の学校では先生と一緒に体育をやり(理想形)


2校目の学校では先生が一人で体育をやり(俺必要ない?)


そして3校目…先生が来ない。来ても他の先生と喋る。新聞読む。帰る。


ついに現れました。


体育をやる気が全くない先生達。


噂には聞いていたけれども…手強い。



なんでこんなにやる気がないのだろうか?ちょっと考えてみた。


モロッコでは小学校で今まで体育はほとんどやられてこなかった。

ということは、体育はサービス残業みたいなもんだな。やってもやんなくても給料変わらないし。

そりゃやりたくないわな。

そして得体の知れない外国人(俺)が急に来て、一緒にサービス残業をしようと言う。

そりゃ来ないわな。



でも体育をしてくれる先生もいる。


体育をしてくれる先生としてくれない先生の違いはなんだろう?


教育に対する熱意?体育の捉え方?学校の体制?


自分に出来ることはなんだろうか…
[PR]
by oyotennis | 2010-12-18 05:51 | 学校③ リサンディン

ラマダン?の奇跡

ラマダン(断食)…イスラム教徒の義務の一つ。
           約1ヶ月の間、日の出から日没まで飲食をしない。
           太陰暦によってその日程は決まるので、毎年時期は11日ほどズレる。
           今年は8月から9月にかけて行われた。


まぁ僕はイスラム教徒ではないのでラマダンとは関係ないけど、最近、食事の準備が面倒くさくてしていない。

食べに行くのもお金がかかるし、何より坂を登って飯屋まで行くのが面倒くさい。

ということで今1日1食か2食しか食べていない。プチラマダン状態です。


するとどうだろう!今まで1ヶ月超もの間、僕を悩ませ続けた口唇炎?(唇の端の上唇と下唇の間にある裂傷、口を開けると痛むから油断してあくびすると超痛い。)が治ってきているではないか!!

薬を塗ってもビタミンBを摂っても治らなかったのになぜ?

ラマダンによって自己治癒能力が一時的に高まったのか?

でも舌とか唇はガサガサしてきてるけど大丈夫なのか?


まぁとりあえず治ってきているからいいや。

今までラマダンに疑問(イスラム教徒の人はラマダンを健康に良いと言い張る。根拠は昼間胃袋を休ませることができるから。でも僕は真夏のクソ暑い時期に水分を摂取しないこと、そしてその後に日没から日の出にかけてカロリーが高いものを大量に摂取することから、健康に良くないのではないかと思っていた。)を持ってきたけど、考えを改めます。

ラマダンは健康に良い…かもしれない。
[PR]
by oyotennis | 2010-12-15 23:46 | 日常

A Happy New Year !!

今日はイスラム暦のお正月!!(1432年)


ということでお仕事も休みです!!


ですがイスラム暦は月の満ち欠けによって決まるので、今日がお正月だと発表されたのは昨日の21時!!


急過ぎじゃね?


そして休みは1日のみ。


少な過ぎじゃね?


ということで予定もなにもない休日を送っていましたが…ふと思いついてテトゥアンの街と川を挟んだ反対側にある山を登ってみることにしました。


いつものランニングでは折り返す地点を越えて少し歩くと…そこには素晴らしい景色が広がっていました。
b0194941_2494269.jpg

右側にちょこっと見えるのが地中海です。


しばらく景色に見とれた後、もう少し奥に進んだら川を見つけて、その上流まで登ろうと思ったら途中で道がなくなってしまいました。


しばらく頑張って登ったんですが、人が通った痕跡が完全になくなったので引き返しました。


人生引き際が肝心。
b0194941_2532350.jpg

時計を見たらもう五時!


今日は相方のトミケンに夕食を招待されていたんだった。


魚料理らしい。楽しみだなー。


お、夕暮れ時の景色もまた素晴らしい。
b0194941_2552480.jpg

この場所は僕のテトゥアンのベストプレイスに認定!


毎週末来ようかな。


3時間のお散歩。


テトゥアンの街がちょっと好きになった出来事でした。
[PR]
by oyotennis | 2010-12-09 02:57 | 日常

笑いのツボ

今日は週二回通っているフランス語学校で、不動産屋で家を探すロールプレイをした。


自「アパートを探してるんですけど」

不「どんなアパートがいいですか?」

自「家族と一緒に住むので、部屋が3つと、キッチンと、ダイニングと、大きいリビングと、アトリエと、お風呂と、ガレージがあるアパートがいいですね。」

不「わかりました。ちょっと待って下さいね…でも条件に合うのはなかなかなさそうですね…お!あったあった!いくつかありますね。」

自「できれば4階以上がいいです。」

不「素晴らしい!4階以上のは一つだけあります!!」






…一同爆笑!!


なんで?ウケとか考えないで普通の会話をしたつもりなのに?

まぁいい。次は家賃を考えないと。

ここで高過ぎる家賃を言ったら「お金の感覚がズレている、やっぱり日本人は金持ちなんだな」と思われてしまう。

それはヤダ。よく考えないと…




モロッコ人の平均月収は3万円で…

でもそれは貧困層と富裕層の平均をとるからその値段であって…

フランス語学校に来るくらいだから周りの人達は富裕層だし…

このアパートは家族向けで部屋もいっぱいあって、ガレージもあるからこの家に住む人も富裕層ということになるし…

よし!!友人(トミケン)との意見の間をとって2万5千円にしよう!!





自「いくらですか?」

不「そんなに高くないですよ。月2万5千円です。」








…再び一同大爆笑!!



周りの人「いや高過ぎでしょ!!」
     「そんな家住めないし!!」



モロッコ人の金銭感覚はまだ良く分からないな…
[PR]
by oyotennis | 2010-12-07 19:50 | 考えたこと